読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

読書ができない私はどうしたら本を読めるようになるの?

Notes あめ
はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

あめです。続いてます、ランニング。

 

hyo-tan.hatenablog.com

 

勢いでエントリーした1月末の 第37回館山若潮マラソン【公式】 にて、10kmを60分という目標を立ててランニングを続けているのですが、つい先日達成してしまいました。

f:id:Hyo_tan:20161202184645j:plain

まだ本番まで1ヶ月ありますので、目標を49分台へ上方修正しようと思います!

 

さて、上記のようにまさか自分がランニングを始めるなんて数ヶ月前には考えられないことが起きているのですが、もういっこできないことがあります。 

 

読書です。

本がどうしても読めない。

今年の9月に勢いで7冊ほど本を買いましたが、12月現在で1冊目の半分ほどしか読み終えていません。
すべて興味があるから買ったのに、このざまです。

 

でも頑なに拒否していたランニングを今こうやって続けられているのだから、読書だってできるようになるのではないかと思っています。
ですので、私の読書に対する症状やド偏見を書き殴りますので、こんな私が読書を始められる方法をアドバイス頂けないでしょうか…!!

 

読書ができない理由

1.本を開くと眠ってしまう

試みたことは幾度とあるんです。
通勤中の電車の中、ふらっと立ち寄ったカフェ、休日の自宅。

ダメです。
数ページも読み進めないうちに、眠ります。

 

2.要はなに?って思っちゃう

偏見です。
本としてのボリュームにするために、不要な文章を肉付けしてますよねきっと。

だから読んでくうちに、うん、うんうん、うんうんうんうんうん、、、
うんうんうんうんうんうん、、、で、要はなに!?って飽きてしまうのです。

 

3.読んだ人から話を聞けばいいって考えている

ほんと自分クソだなって思うのですが、別に自分で読まなくても周りの読んだ人から感想聞けばいいじゃんって思ってしまいます。
実際に9月に買った本たちも、いろんな人に「これきっといい本だよ」って貸し付けました。

 

どうしたらよいのでしょうか。