読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

嬉しいお知らせ 〜ひょうたん会議が生まれたきっかけ〜

Notes あめ
はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

とても嬉しい報告がありました。

f:id:Hyo_tan:20160713082740j:image

写真加工が雑でごめんなさい…笑

ーーー
彼と出会ったのはちょうど1年前。かとが大学の後輩の彼から、仕事の人生相談を受けたのがはじまり。

かとから一緒に来てくれと声がかかり、そういうことならと、当時仕事でお付き合いのあった社長さんもお誘いし、不思議な4人の飲み会が開かれたのでした。

社長さんからは事前に「2時間でお願い!」というオーダーがあったので、かとと2人で進行のイメージを練ってから臨んだのをうっすら覚えています。

そして当日。悩みや夢を話す彼。
why why おじさんのかとにより価値観を深掘りされたかと思えば、
how how お兄さんの俺に具体目標を考えさせられるわで、とても大変だったと思います笑

結局その日は「ケツ決めよ」という結論になり、「自分がどうするか、○週間後の○月○日に、俺らに宣言する!」となりました。

そして約束通り、期日に宣言メッセージが届くのでした。

ーーー
実はこの飲み会が、ひょうたん会議の元ネタになっています…笑
人への向き合い方がこんなにも違ったか、と初めて露わになったと同時に、2人のこの違いがきっとコンテンツになる!
そんなきっかけから、ひょうたん会議は生まれました。

彼の宣言後もちょいちょい集まっては近況報告と次のマイルストーンを確認し、時にはひょうたん会議に顔を出してくれたり(最多参加?笑)と、なんやかや付き合いが続く中、ちょうど1年経った先日、ついに夢の一歩が叶ったと報告をくれました。

その一報を聞き、かとは心から喜んでいました。
俺も(これはひょうたん会議の良い宣伝になる!!と、)ほんとに心から嬉しく思い、この文章を書いている次第です。

ーーー
6月は一度もひょうたん会議開催できませんでしたが、2人で学生の就活相談にのってみたり、これまでとは少し違った動きも試みてみました。

具体的なアウトプットやアクションの伴う価値活動を模索したいなと思いつつ、そろそろ答えのない深い議論(飲み会)が恋しくなってきました笑