読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

もう無駄づかいしない!便利グッズはこうして選ぶと失敗知らず!?重要なんだけど緊急じゃないから購入を躊躇するアイテムとは?

はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

世の中には沢山の便利グッズ、と呼ばれる商品が溢れていますよね。

どれも見ているとほしくなってしまうし、あると生活を豊かにしてくれそうです。

実際にあれこれ試してみて、とても便利でよく使うものや、買ったけれど一度も封をあけていない、もしくは一回だけ使って眠っているグッズがあったりしませんか?

 

この記事では、そんな便利グッズと呼ばれているアイテムを選ぶときの判断基準とアイテムの事例を紹介したいと思います。

 

 

 

便利グッズって?

www.tarappism.com

 

matome.naver.jp

 

matome.naver.jp

 

これらまとめの記事を見ていると、①時短関連、②生活の工夫関連、③インテリア・おしゃれ関連など、ちょっとしたアイデアでその瞬間の労力が少し軽減したり、心が豊かになったりするもののことを指すようです。

 

 

でもモノによっては、

 

 

本当にこれ必要かよ・・

 

使うかな・・

 

 

 

と思ってしまうものがあるのも確か。

 

ではどうやって選んだらよいでしょう?

 

 

もう無駄づかいしない!便利グッズはこうして選ぼう!

 

 

f:id:Hyo_tan:20160528204516p:plain

 

こんな切り口はどうでしょうか?

 

① そのグッズは使う頻度が高いものですか?
それとも低いものですか?

 

② そのグッズは自動的に結果が得られるものですか?
それとも自分で手をかけると結果が得られるものですか?

 

 

こんな視点で考えたいと思ったのには理由があります。
それは、「費用対効果」の考え方を取り入れたものです。

 

せっかくお金を出してそれを買うのであれば、その効果が明確にわかるひとつの基準として「自分が手を動かすかどうか」を考えてみてはどうでしょう。

 

自動でコトがおきるということは、自身にとって究極の時短であると考えます。(なぜならかかる時間がゼロになるから)
それが実現できたらその分の時間をほかに使うことができるようになります。

 

そしてその使用頻度が高ければ高いほどその恩恵を多く受けることができ、時間が経つにつれて初期の費用を回収することができると考えるのです。

 

 

使用頻度が高くて自動でコトが起きるマストバイ?アイテムとは?

それでは以下にアイテムを紹介していきます。モノ自体は新しいことはないでしょう。それでもそのカテゴリーの製品がきっとあなたの生活に大きな影響を与えてくれることは間違いなさそうです。

 

それではどうぞ!

 

① ロボット掃除機

毎日の掃除機がけを自動で。

www.irobot-jp.com

 

② 食器洗い乾燥機

毎回の食器洗いを自動でかつ少量の水で。

panasonic.jp

 

③ 衣類洗濯乾燥機

毎日の洗濯物干しを最小限に

panasonic.jp

 

④ 珪藻土バスマット

足拭きマットはもう分けて洗濯しなくってもいい!

www.amazon.co.jp

 

⑤ 自然染髪

髪も自動で染める時代?!

www.kurobara.co.jp

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

使用頻度が高くって自動になるもの、あなたの身の回りにはどんなものがありますか?

 

重要だけど緊急じゃない、そんなことに思いをめぐらせてみては?

 

 

★合わせて読みたい(緊急度の高いことに囚われていませんか?)

hyo-tan.hatenablog.com

 

 

====
 

「楽しもう、ちょっとマジメな話」

 

重要度は高いけれど、緊急度が低くてつい後回しにしてしまう、誰もが抱える問題。

 

ひとりの教え手がいて進行する学びのスタイルではなく、教えを受けたい(課題を抱えた)参加者による双方向な学習機会を提供します。

 

その間を取り持つのが我々ファシリテーター。論理的な思考を目指しながら進行と質問を通じてメンターそしてプロテジェの両者の間に立ち、「情報収集・整理/ 堀り下げ/ 原点回帰」をしながら進めていきます。

 

 ひょうたん会議の興味通知フォームできました。 登録はこちらから。

goo.gl



お問い合わせはこちらまで