読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

News: 次回予告 「ひょうたん会議 vol.06: 譲れないものがある君たちへ ~頑固者の挑戦~」(締め切りました)

はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

*本セッションは1月3日23:50時点で締め切りました。

 

====

「こだわり」とか「譲れないもの」ありませんか?
「頑固だよね」とか言われたことありませんか?
本当は思うところがあっても飲み込んじゃって、後でもやもやすることありませんか?

 

 

(強面で自信があるように思えてもたまに悩んじゃうんです・・)

  

自分の思いやビジョンには自信を持っていた。

けれど、時として 「あれ、本当にそれでいいんだっけ」と思ってしまう。

 

 

自分はこの信念でやってきたけれど、それじゃあお金をもらって仕事をするに値していない気がする・・。

会社や学校の先輩に「お前はぜんぜんわかってない」なんて言われて自分の信念がわからなくなってきてしまった・・

あるプロジェクトで人と意見を交わしながら、自分の意見を覆せないのは他人の能力不足だと思う。でもグループ・チームで議論しているならばそれではいけないのでは・・?確固たる自分はあるように振舞っているけれど、真に他者と共同して人生を歩んでいくってどういうことだ・・?

こんな壮大な疑問に発展してしまうことを体験されたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

こだわりを強く出しすぎて失敗する時もある。こだわりを我慢しながら社会生活を送ってる時もある。
そんな大小いろいろある「こだわり」や「譲れないもの」に関する悩みやもやもやについて話をしませんか?

 

今回お招きするメンターとはこれをテーマに話を進めていきたいと思います。

こだわりや思い入れが強くてうまくいかなかった・・
けれど、ずっと憧れていたある人との出会いが、そして日々の仕事が自分を変えてくれた。

そんな自分の変化を経て今は自分なりの行き方が見つかった…そんなメンターを招いてのセッションです。

 

今の時点では具体的なプロフィールを内緒にしておきたいと思いますが、きっと普段ではなかなか出会うことのない職業に就かれている方ですよ。

 

「自分と向き合いながら生きていく」

 こんなことについて考えることがあるみなさんのご参加をお待ちしています。

 

----------

ひょうたん会議 vol.6 「譲れないものがある君たちへ ~頑固者の挑戦~」

【日  時】2016年1月13日(水)19:30 START
【場  所】都内(参加者に別途ご連絡)
【費  用】飲食代実費
【定  員】4名
【メンター】シークレット
*当日は自身の「自分と向き合うこと」についてもやもやすること悩むことをもってきてください

▼プロフィール
会終了後にレポートにて公開します。(お楽しみに・・!)

 

----------

「楽しもう、ちょっとマジメな話」

重要度は高いけれど、緊急度が低くてつい後回しにしてしまう、誰もが抱える問題。

ひとりの教え手がいて進行する学びのスタイルではなく、教えを受けたい(課題を抱えた)参加者による双方向な学習機会を提供します。

その間を取り持つのが我々ファシリテーター。論理的な思考を目指しながら進行と質問を通じてメンターそしてプロテジェの両者の間に立ち、「情報収集・整理/ 堀り下げ/ 原点回帰」をしながら進めていきます。

 

メンターに対して、過去の経験や判断の基準となる価値観を聞き出したり、自分たち自身の価値観を引き合いに出しながらより多面的な学びの時間を目指します。

 

ひょうたん会議の興味通知フォームできました。 登録はこちらから。

http://goo.gl/forms/1PojL7KLMj 

お問い合わせはこちらまで

hyo_tan@outlook.jp