読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

Report: ひょうたん会議 vol.04 ~自身のキャリアを考える~

Report
はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

第4回目となった今回のテーマは「キャリアについて」。メンターには、大学卒業後NPOインターン、海外大学院進学、そしてフィリピン・カンボジアなどでの就労経験を経てNPOにて働く、いわゆる就活に乗っていないキャリアを描いている28歳女性にきていただきました。
自身のビジョンの明確さに加えて実際に突き動かされてアクションをとっている彼女の話は参加者の刺激になったことと思います。

 

◆ひょうたん会議 vol.04◆

【参加者(人数)】全7名
 メンター(1) :20代女性 NPO職員
 プロテジェ(4):大学2年生、4年生、社会人2年目システム営業、社会人4年目メーカー総務
 ファシリテーター(2):かと・あめ

 

【主なトピック】
 ・これから将来の自分のなりたい像ってなんだろう・・
 ・将来のビジョンはあるけど、目標がない・・これっていいのか?
 ・会社のビジョンに惹かれたが社内の雰囲気がどうも違った・・この先どうしよう
 ・他者の成長、キャリアの支援ってどう考えたらいいのだろう?

  

かとより:

今回は私の心の友にメンターとして来てもらいました。プライベートでも親交深く、彼女の強いビジョンと信念を貫くアクションはキャリアについて悩む方にいい刺激を提供できるのでは、と強く感じてお願いをしました。
浪人生のときに出会った東アフリカに関するひとつの記事が彼女の原体験となってビジョンを形成している、という話にそれぞれ思い立ち返るところがあったのがハイライトです。
最後に参加者から個別にもっと話を聞きたい!とアクションがあったということもセッションを開催してよかったなぁ、と感じるところです。・・さらにいい時間になるようファシリテーション技術も磨いていきます。

 

----------

▼プロテジェ(20代/男性/大学2年生)

1.参加の動機

知り合いからの紹介

2.良かった点

考える事が非常に多かったこと。
将来を考えるきっかけになったこと。

3.改善すべき点

まだ、話すべき・話したい事が話せなかったこと!!

4.進行について

要約を上手く使っていて話が分かりやすかった。

5.その他感想など

単純に時間が足りなかったです。もっと話したいと言うのが終わってからの感想です!
また、十分な予習をしているともっとお互いが深く話せると思いました。
とても濃い時間でした! またよろしくお願いします。

 

----------

▼プロテジェ(20代/男性/大学4年生)

1.参加の動機

Facebookなどで“ひょうたん会議”のことは拝見していました。新たな学びのスタイルである会議でありとても興味深く思っていました。
今回は、常々お世話になっているかとさんに招待いただき、二つ返事で参加を決めました。

2.良かった点

自分の考え方を見直すきっかけになりました。異なるバックボーン、価値観をもつメンバーが意見をぶつけあうことで多くの気づきを得られました。
「なぜ?」と問われるだけではたどり着かない、深い話し合いができたと感じています。

3.改善すべき点

「議論の深さ」がひょうたん会議の良いところなのではないかと感じています。その深さをよりよいものとするには、議論のテーマをある程度絞ってもいいのかなと感じました。
今回の会議のテーマは「キャリア」と比較的広めのテーマでした、より細分化してテーマ設定をしてもいいかもしれません。

4.進行について

「個人の意見の深堀り」「異なる価値観のぶつけあい」「議論の構造化」と多面的な進行をしていただけたため、新たな気づきが生まれやすかったと思います。
また、無理して正解を出そうとせず、議論を発展させることに注力していただいたことも、私たちの学びを促進していただけたと思います。

5.その他感想など

軽い気持ちで飛び込み参加をさせていただいたのですが、とても学びが多く充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。
ゼミの仲間たちに喜々として宣伝させていただきます。

 

----------

▼プロテジェ(20代/女性/メーカー)

1.参加の動機

もともと、ひょうたん会議に興味があったため。
社会人になり、日々の業務に取り組む中で、自分の将来とは?日本の未来とは?といった漠然としたことを話し合う機会が少ないと感じていた。
そんな時にこの会議の存在を知り、是非参加したいと思った。

2.良かった点

様々な背景を持つ人が集まって話せるところ。
双方向で意見が出せるところ。
少人数なので、無理なく自分の意見が言えるところ。

3.改善すべき点

もう少しメンターの話を聞きたかった。プロテジェの意見の共有で視点の違いの面白さはあったが、メンターの考え方を深掘り出来なかったと感じた。

4.進行について

二人いるのが有効だと思った。

5.その他感想など

第一印象は、「楽しかった!」です。 でも、もっとそれぞれの人の話を深掘り出来たかなとも思います。自分の伝え方や相手への聞き方を考えるきっかけにもなりました。
とがっている、丸いの議論がありましたが、結局利己はなくならないのでは?という点、かなり関心があるので引き続き考えてみます。

 

----------

▼プロテジェ(20代/男性/システム)

1.参加の動機

・友人が絶賛していた
・主催者をキレ者として認識していた
・その人の下に集まる人にも会ってみたかった

2.良かった点

・お酒ありで、想像以上にフランクな雰囲気
・自分の考えに対し、異なる経験を積んだ人から遠慮なく意見をもらえるし、自分も聞ける
・自分の環境を改めて見直し、行動を変える機会となる

3.改善すべき点

・メンターの発言が若干少なかった気がしました。今回だけですかね?

4.進行について

・ メインかとさん、サブあめさん、という印象を受けてしまった(席の関係?)ので、もう少しあめさんの鋭い別視点からの切り口が見たかったです。

5.その他感想など

・初めてでしたが、非常に有意義な時間でした! 知ってる人がやってる、というのは参加しやすいですし、人も誘いやすいです。
・定期的にやってます?不定期ですか?一定期間おいてから、また参加したいです!

 

----------

▼メンター(20代/女性/NPO)

1.参加の動機

- ひょうたん会議という、人生の様々なフェーズにいる人々が集まる「場づくり」に興味があった。
- 自分自身についてアウトプットする機会に、単純に魅力を感じた。

2.良かった点

- ファシリが多様な切り口から議論を深めてくれたため、一つの大きなテーマについて話したにもかかわらず、様々なことについて自分自身考える契機となった。
- プロテジェ同士も初対面の方たちが多かったからこそ、周りからの自分像にとらわれず、思うところを率直に発言できている印象を受けた。

3.改善すべき点

- 参加者がもう少し自ら発言できるような場となれば、さらにフランクな議論ができたのではと感じた。
- 後述するが、ファシリによりアグレッシブ感が加わると、さらに議論の展開がおもしろくなるのでは。

4.進行について

- ファシリが議論を進行しながら、同時に自身の意見をもっと発言してほしい。プロテジェやメンターの発言を整理集約するパッシブなファシリではなく、そこへ自身の考えをのせ、さらなる議題を投げかけるアグレッシブなファシリが、二人には適任な気がする。
- とは言え、参加者みなの意見をリキャップしリフレーズする力は、圧巻であった。キャリアのような漠然としたテーマであると、議論がふわついたり、超具体的な事例の話に終始しがちであるが、そんな話であってもファシリが再度言語化してくれたおかげで、議論の置いてきぼりになってしまう人がいなかった。

5.その他感想など

- 個人的に言葉を通して人を巻き込むことに興味があるので、今回のような年齢も所属も様々な人たちと話す機会はとても勉強になった。
- メンター複数人バージョンも再度開催したら、おもしろいのでは。プロテジェにとってメンター同士が議論する、そのプロセスを肌で感じる機会は胸アツなはず。同時に、そこでファシリが介在し、プロテジェもその議論に参加することができたら、よりいい意味でカオスな場になるのでは。 

...ひょうたんの後、あめの後輩からメールをもらい、別途話そうってことになりました。二人の活動は、確実に人に何らかのアクションを生み出してると、感じた次第でございます。

 

----------

「楽しもう、ちょっとマジメな話」

重要度は高いけれど、緊急度が低くてつい後回しにしてしまう、誰もが抱える問題。

ひとりの教え手がいて進行する学びのスタイルではなく、教えを受けたい(課題を抱えた)参加者による双方向な学習機会を提供します。

その間を取り持つのが我々ファシリテーター。論理的な思考を目指しながら進行と質問を通じてメンターそしてプロテジェの両者の間に立ち、「情報収集・整理/ 堀り下げ/ 原点回帰」をしながら進めていきます。

 

メンターに対して、過去の経験や判断の基準となる価値観を聞き出したり、自分たち自身の価値観を引き合いに出しながらより多面的な学びの時間を目指します。

 

ひょうたん会議の興味通知フォームできました。 登録はこちらから。

http://goo.gl/forms/1PojL7KLMj 

お問い合わせはこちらまで

hyo_tan@outlook.jp