読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

About us: ひょうたん会議でいったい何を話してるの?

はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

重要度は高いけど、緊急度が低いこと・・・

ひょうたん会議では、参加者が抱える「もやもや」や「悩みや不安」をベースに話を進めていきます。そんな誰しもが抱える「不安に思うこと」のうち、重要度は高いけれど、緊急度が低く、つい後回しにしてしまう問題についてディスカッションする学びの場を提供したいと考えています。

「わかっちゃいるけど、別に急いでないし。とにかく今は目の前にあることやるので精一杯だからそんなこと言ってられないよ」そんな「ついほったらかし」にしている問題をとっつきやすい雰囲気で話し合う、それがひょうたん会議です。

 

f:id:Hyo_tan:20151126184411p:plain

 

ふとした瞬間に思わず悩むこと・・

たとえばこんな内容のことです。

「大学入学してしばらく経つけれど、将来のなりたい像とか目標なんて特に考えてもないや」

 「気がつけば周りは就活し始めている・・そもそも自分はどんなキャリアを進みたいんだろう?」

 「入社して早3年。今まで自分は何を学んで来たのだろう。これから先自分はどうしたいんだろう」

 「自分が目指すリーダーシップ像ってなんなんだろう」

 「どうも口下手で人生損している気がする・・自己表現って正しい正しくないとか良し悪しとかあるのかな」

 

f:id:Hyo_tan:20151126184437p:plain

ある年齢になったら否応なしに考えざるを得ないことであったり、なかなか言葉にはしにくくって普段目には見えないこと。そんなことについて話をしよう。

 

そんな試みがひょうたん会議です。

 

----------

 

ひとりの教え手がいて進行する学びのスタイルではなく、教えを受けたい(課題を抱えた)参加者による双方向な学習機会を提供します。その間を取り持つのが我々ファシリテーター。

論理的な思考を目指しながら「質問」「堀り下げ」そして「原点回帰」を中心の役割としながら進めていきます。

 

メンターに対して、過去の経験や判断の基準となる価値観を聞き出したり、自分たち自身の価値観を引き合いに出しながらより多面的な学びの時間を目指します。

 

 

 

ひょうたん会議の興味通知フォームできました。 登録はこちらから。

http://goo.gl/forms/1PojL7KLMj

 

 

お問い合わせはこちらまで

hyo_tan@outlook.jp