読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

About us:ひょうたん会議のファシリテーターって誰だ?② byあめ

はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

あめです。わたくし86世代の現在29歳なのですが、
いろいろあって28歳の誕生日を人生の一区切りとしました。第1章<完>です。
そして第2章のテーマをまずは「コラボレーション」としてみました。
ひょうたん会議はその試みでもあります。

 

右脳×左脳

まず自分の中でのコラボレーションですが、
かとがよく言ってる「右脳×左脳」を意識してみました。

右脳とは、アート、エモーション。
これは人生第2章に入り地元の中学の仲間とバンドを組んだので、
そこで右脳を刺激しようと思ってます。

そして左脳とは、サイエンス、ロジック。
これをひょうたん会議で鍛えたい、そう考えています。

 

主観×主観

次に少し世界観を拡げ、人と人とのコミュニケーション。
これは前職を辞めたときにふと考えたことなのですが、
主観と客観の組合せでコミュニケーションを整理できる気がしたのです。

客観×客観=???

主観×客観=???

主観×主観=???

それぞれについて触れるのはまたの機会として、
この「主観×主観」のコラボレーション、
ひょうたん会議ではものすごく大事にしていきたいと思ってます。

 

コミュニティ×コミュニティ

さらに世界観を拡げます。

これまで生きてきて、様々なコミュニティに属してきました。
中学・高校・大学サークル・学生NGO・行きつけのbar・社会人サークルなどなど…
わりとそれぞれのコミュニティにしっかりコミットしてきたつもりなので、
ありがたいことにたくさんの親しい友人がいるつもりです。

ただし、あくまでそれぞれのコミュニティ内での付き合いに過ぎず、
それぞれのコミュニティでの顔をしていました。

今後は自分の属してきた「コミュニティ×コミュニティ」のコラボレーション、
これを仕掛けていきたく、ひょうたん会議はそのひとつであります。

さらには「かとのコミュニティ×あめのコミュニティ」。これもワクワクします。

そんなイメージを巡らせていたら、“ひょうたん”が降りてきたんです。

 

ゆるくファジー×ちゃんとかっこいい

続いてスタンスになりますが、このような交流会とか勉強会みたいなのって、
おそらく世にごまんとあるはずなんですよね。

でもなんかカチッとやるのは敷居高いし。。

だから「ゆるーく×すげぇ」みたいな感じが好きです。

“ひょうたん会議”というダサいネーミングにも、そんな感覚を込めました。

 

かと×あめ

ひょうたん会議に込めた想いは以上になりますが、
なにより「かと×あめ」という、
波長は合うけどなんかどこかタイプの違うふたりのコラボレーション。
これをなんとかエンターテイメント化して、周りに心躍る価値を提供したい。
 
そんな感じで、いろんな「○○×●●」に出会えるのを楽しみにしてます!!
 

ひょうたん会議の興味通知フォームできました。 登録はこちらから。

http://goo.gl/forms/1PojL7KLMj 

 

お問い合わせはこちらまで
hyo_tan@outlook.jp