読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

About us:ひょうたん会議のファシリテーターって誰だ?① byかと

About かと
はじめての方へ→ ひょうたん会議とは?

高校の同級生、かとあめのふたりではじめたひょうたん会議。

概要はコチラ↓ 

hyo-tan.hatenablog.com

 

この場を提供しているファシリテーターのふたりはどんな人なのか、どんな思いではじめたのかをご紹介します。

 

●かとの想い●

「ガチで意識高く!」・・なんて自分には似合わない。

だけれど日々の生活の中で考えることや語りたいことだってある。そんなとき、誰かの講演会や本に頼るのもいいけれど、もっと身近で多面的な学びの場があってもいいのではないかー。

ある日大学の後輩から転職の相談を受けたとき、自分自身からのインプットだけでなく、畑はまったく違うけれど信頼できる友人のあめにも同席してもらうことを思い立つ。そして彼は「そういう悩みなら」と、ひとりの経営者に掛け合って4人で話をすることに。

そのとき、立場も環境も年齢も異なる4人のセッションで、ひとつの答えや考え方を押し付け提供するのではなく、さまざまな視点から多面的な課題解決の糸口を発掘することができた。

 

このセッションをきっかけに、課題解決はひとりの優秀なメンターによって行われるときもあるが、その場の話を臨機応変にコントロールして多面的な視点を提供し合うことによって、本人自身が前向きに課題に向き合うことができるような後押しが必要なときがあると実感したのです。
一方が話をし続け、一方が話を聞きうなずき続ける会ではなく、会話の間に第三者が入ることによってさらに活性した話になるー。

 

そんなゆるく和やかな雰囲気で話し合われる時間に、課題解決のためのちょっとした仕組みと話の進め方の工夫をすれば、ひとつのいい学びの場ができるのではないか、そんな想いではじめています。

 

 

■■ファシリテータープロフィール■■

かと

1986年生まれ。
現在は某外資系企業のマーケター。チャネル戦略立案・市場実行プラン構築、マーケティングリサーチを担当、現在経営戦略部にて日々奮闘中。
学生時代はマーケティングを専攻。シアトルでのNPOインターンを経験後、ネットスーパーのベンチャー企業にて1年半のインターンに従事。国内外、成長企業・大手企業での経験から、大局的な物事の考え方を通じた成果の最大化に強く関心を持っている。

 

あめ

1986年生まれ。
現在は空き倉庫とテナントのマッチングを手掛けるITベンチャーにて、IT、人材教育、広報関連プロジェクトのディレクションを主に担当する。
学生時代はフィリピンでワークキャンプを行う学生NGOにて代表を務め、これまで計8回、のべ100人近くの学生と共に現地渡航をした経験から、チームマネジメント、プロジェクトマネジメント、事業構築に強く関心を持っている。

 

 

ひょうたん会議の興味通知フォームできました。 登録はこちらから。

http://goo.gl/forms/1PojL7KLMj 

 

お問い合わせはこちらまで
hyo_tan@outlook.jp