ひょうたん会議

「楽しもう、ちょっとマジメな話。」をモットーに、“重要だけど緊急じゃないこと”をテーマにした飲み会スタイルの少人数制ゆるゆるセッション。

| About | News | Report | Notes | Internship | Books | Contact |

Notes

Notes: 「インフォグラフィックス」っておもしろそう byあめ

かとと、かとの後輩と3人で飲みに行きました。 場所は赤坂にあります鳥料理屋さん、一鳥。 s.tabelog.com かとがボトルキープをしてる、行きつけのお店とのこと。 どうやらチキン南蛮が名物らしい。 まぁまぁまぁ、とは言えまずはあん肝ポン酢で乾杯。 お目…

Notes: つい人の話をウンウン聴いてるだけになっていませんか? by かと

ひょうたん会議では、「コミュニケーション」の重要性をサブテーマに置いています。 1人の「メンター」と4-5人の「プロテジェ(参加者)」、そして2人の「ファシリテーター」。それぞれにあえて役割を持たせることによってそこで発揮してほしいリーダーシッ…

責任感と対にあるもの

学生時代、海外でワークキャンプを行う学生団体FIWCに所属していました。いくつか活動地がある中で、自分はフィリピンで活動していました。 毎年夏、学生20人くらいで1ヶ月間フィリピンの山村に滞在し、村人とともに水道や橋、道路建設を行っている学生団体…

Notes: ひょうたん会議が教えてくれた、コミュニティをつくりだす、ということ by かと

昨日はひょうたん会議第8回「コミュニティを創りだす」でした。 「8って数字、ひょうたんみたいな形ですよね」 Embed from Getty Images 「8・・・・・・・・」 ‥うーーむ、見ればみるほど・・やるな! レポートを待たずに簡単に感じたことをシェアしておきま…

Note: 重要だけど緊急じゃないものを考えるためにはちょっとしたコツが必要な話 by かと

週末にビッグイベントが控えているので調整として2日でハーフを走ってきました。 ご褒美あげつつ、 都心のランを楽しみつつ。 ==== 「いいこと思いついた!」 そんな瞬間を経験したこと、ありませんか? それは一体どんなときでしょう? シャワーを浴び…

Notes: 相手の行動の理由が分かって価値観に触れるとモヤモヤが減る話 by かと

先日ある30代女性の方からこんな相談を受けました。 Embed from Getty Images (ちょっと聞いてよ!) ==== その方はある日仕事で、初めて仕事を一緒にする方とやり取りをしていたそうです。その先方はご本人がいたく尊敬していた方だそうで、社会的な知…

Notes: 緊急度の高いことばかりやって満足していませんか? by かと

ラーメンズ、という芸人がいます。わたしは彼らがいたくお気に入りでそのなかからこんなコントを紹介します。 プーチンとマーチン 40秒あたりから 「時間はほしいけど いざ自由って言われると 何していいか分からない 命令されたい 縛られたい 自由が苦手な …

Notes: チームワークを考えてみる byあめ

ひょうたん会議は「楽しもう、ちょっとマジメな話。」と謳っているように、気張らない少人数での飲み会形式で、普段あまり話さないようなことを敢えてトピックにしてみる、という場になっています。 ■ひょうたん会議が実現したい2つの機会 これは「1.)多様…

Notes: 企画段階のやりとりを公開してみる byあめ

ひょうたん会議についてはオン/オフライン問わず2人でよくやりとりを交わしているのですが、ここでもやはり2人のタイプの違いが出るなぁと感じます。 〇〇したい!という議題が挙がれば、かとの場合は「なぜそう思うのか?」から入るwhyタイプ。 俺の場合は…

Notes: 女子会に飽きた女子が教えてくれた、人と話すときに気をつけるコツ 3つ

「会議」と名前のついている、ひょうたん会議。 少人数で話をするこの会は、楽しもうちょっとまじめな話、をキャッチコピーに、雰囲気はまるで普段の飲み会で、飲みながらだったらちょっとまじめな話もとっつきやすいよね。そんなスタンスで実施しています。…

Notes: 若手ビジネスパーソンは何故、漫画『キングダム』を読む必要があるのか?

この記事にたどりついた、ということは漫画「キングダム」についてはその評判を耳にしていることかと思います。この記事では未だキングダムを1ページも読んだことのない方に向けて、その魅力を若手ビジネスパーソンが持つべき気づきに乗せて紹介したいと思…

Notes: 大人がマジで涙してチームメンバーの心に「響いた」話 by かと

先日、立教大学有馬ゼミのサブゼミに参加して来ました。 4年生が企画を担当し、今のゼミ生に必要なコンテンツは何か、プレリサーチからコンセプトシートづくり、企画の絞り込みと周到な準備。マーケティングのゼミにふさわしい、素晴らしい内容に仕上がりま…

Notes: 合格率10%!公認会計士試験に合格した友人の地道な努力の価値に触れた話 by かと

昨日大学卒業後6年ぶりに友人に再開し、ゼミ同期の新年会に行ってきました。 というのも大学時代から会計士の道を志し、卒業後6年間自身の目標に向けて日々努力を積んで昨年無事に合格した、というのです。少し調べてみると試験内容に変更など制度としての…

Notes:ひょうたん会議を5回開催して見えてきたニーズと今後の展望 by あめ

昨年10月末から活動を始めましたひょうたん会議。年内で計5回、開催しました。 それぞれの振り返りは以下リンクよりご確認ください。 hyo-tan.hatenablog.com 参加してくれた皆さん、まだ参加してないけど興味をもってくれている皆さん、また日頃アドバイス…

Notes: 今年こそ!と毎年思って結局続かない年始のやる気は目標の立て方にあった? by かと

みなさま、明けましておめでとうございます。 新年の訪れを祝う、という風習は素敵だなぁなどと考え巡らせながら約30年の人生で初めて埼玉以外で過ごす、ということをしています。あぁ、好きです、福岡。 考えてもみれば何を示し合わせることなく年の節目に…

Notes: コーチングで「響き」を共有すると涙すら出るという話 by かと

ひょうたん会議を通じて自分たちの学びもより深化させていくべく、連続インタビューセッションを実施しています。 第一弾(芝池玲奈さん)はコチラ hyo-tan.hatenablog.com 第二弾(峯崎康太さん)はコチラ hyo-tan.hatenablog.com 第三弾は齊藤宏(さいとう…

Notes: ライフネット生命のインターン生の事例から再考する、「目的」をハラオチさせることって? by かと

少し前に話題になったこのお話。 ライフネット生命の岩瀬社長の体験談です。どうしてもインターンさせてほしいという熱意に打たれて採用したインターン生に名刺入力作業をお願いしたものの、意図ややりがいがハラオチできずに1-2週間で辞めてしまった、とい…

Notes: ひょうたん展で見えたひょうたん会議のブランドストーリーに生きること by かと

先日、先輩の紹介で国立科学博物館にて開催されていたひょうたん展にあめといってきました。 ひょうたん会議は1人のメンターと2人のファシリテーター、そして3~5人のプロテジェで行われるセッションですが、その構成をあらわすようにひょうたんをモチーフに…

Notes: ゲッティイメージを使ってブログをもっと楽しく byかと

ゲッティイメージが最近こんなサービスを始めてくれました。 dime.jp これは、あのゲッティイメージにある多くの写真・イメージをブログに転載できるというのです。しかも無料! サイトはこちらから。 www.gettyimages.co.jp これまでブログを書いていても文…

Notes: ひょうたん会議をコーチングしてもらっちゃいました by かと

ひょうたん会議を通じて自分たちの学びもより深化させていくべく、連続インタビューセッションを実施しています。 第一弾はコチラ hyo-tan.hatenablog.com 第二弾は峯崎康太(みねざきこうた)さん。彼はかとの大学時代のゼミ仲間でありながら卒業後コーチン…

Notes: ファシリテーションで生きるという話 byかと

ひょうたん会議を通じて自分たちの学びもより深化させていくべく、連続インタビューセッションを実施しています。 第一弾は株式会社フューチャーセッションズでセッションプロデューサーを務めていらっしゃる芝池玲奈(しばいけれな)さん。 ファシリーテシ…

Notes: 一流交渉官のファシリテーション技術のここがすごかった byかと

ファリテーターの2つの役割と紛争調停交渉官の一流スキルに学ぶファシリテーション技術はここがすごかった!

Notes: 学びのスタイル?① by かと

私自身、いわゆる勉強の機会はこれまで沢山ありました。義務教育から高校、大学の講義、企業研修、大人数の講演会やセミナーに至るまで実に様々です。学びのタイプもスタイルも様々で、おー!勉強になったな、と思うものと、あれれ?なんだったんだろうな今…